40代男性で食事で痩せていきたいメタボの人のためサイト

お腹の脂肪を落とす方法

今回は、お腹の脂肪を落とす方法について考えてみたいと思います。

お腹の脂肪と言っても、いろいろありますよね。

まず、私が体重10キロダイエット作戦をやったときの数値をご覧ください。

ちなみに身長は171.3cmです。

ウエスト 88.0cm → 76.0cm
(-12cm)

体重 71.6kg → 58.4kg
(-13.2cm)

中性脂肪 311mg/dl → 94mg/dl
(-217mg/dl)

私の場合、10キロ痩せと言いながら12キロも体重減ったんですね。

改めて見てみると、我ながらよく頑張ったなと思います。

体重12キロ減ると、ウエストって13センチ細くなるもんなんですね。

私くらいの身長だと、体重1キロ落とすと、ウエストは約1センチ落ちるみたいですね。

これは発見です。

当時、それまで履いていたズボンが全部ブカブカで全滅(笑)。

ユニクロのズボンを買い替えました。

LサイズからMサイズ、物によってはSサイズになったのを覚えています。

ここまで、痩せると中性脂肪も激減しているのがわかります。

中性脂肪 311mg/dl → 94mg/dl

そして皮下脂肪も内蔵脂肪も落ちてます。

だから、腹筋が割れるまではいかなくとも、うっすら見えるくらいにはなっていました。

数値も、文字通り桁違いに落ちています。

これだけでは、なんだかピンと来ないかもしれませんね。

健康診断の説明によると、中性脂肪の基準値は149mg/dl以下だそうです。

この時の私の数値311mg/dlだと、**とアスタリスクが2つ付いて受診勧奨値となっていました。

要は、医者に行ってすぐ診てもらえという事ですね。

私の場合、ダイエットをはじめたのが健康のためでした。

お腹の脂肪を落とす事だけを考えたのではなく結果的に落ちたという感じです。

結局、腹筋やらウォーキングやら、ストレッチやら思い浮かぶ限りのダイエットは試しました。

当時は、ガムシャラにやっていたので、無駄な運動もやっていたと思います。

最終的に、効果を実感できたのは炭水化物ダイエットです。

ご飯の量を成人男性1食200gまでという決まりを守るだけです。

ちょっと昼食食べ過ぎたなと思えば、夕食はご飯150gにします。

ただ、それだけです。

私の場合、この炭水化物ダイエットがすべての基本です。

あとは、必要に応じて、

早く脂肪を減らしたいときは、ウォーキングをします。

有酸素運動ですね。

脇腹やウエストラインを綺麗にしたいなら、

カラダを横に倒した状態で、腕を地面について腰を地面に付けたり離したり脇腹に効く腹筋をします(文字で書くとわかりにくいですね、そのうち写真か図解します)。

腹筋を割りたいなら、腹筋をやります。

腹筋には、整腸効果もあります。

1日20~30回程度やるだけでも効果がありますよ。

特に、下っ腹が気になるならやってみる事をおすすめします。

ただ、ある程度の継続は必要です。

お腹の脂肪を落とす方法としては、炭水化物ダイエットをベースとして、これらのオプションを目的の応じて付け加えるのが効果的かと思います。

ダイエット成功した後ですが、特に運動しなくとも、炭水化物の摂取量意識するだけでリバウンドもせず体重維持ができています。